商品ロゴはブランディングの鍵となる

商品ロゴの大切さ

ロゴマーク、通称ロゴはその企業や製品ブランドの顔としてパッケージやWEBサイトに活用され、大変重要なブランディングの鍵となる役割を担うことになります。ロゴマークは通常、シンボルマークとロゴタイプ(文字)からなりますが、シンボルマークのみの場合やロゴタイプのみのロゴも存在します。

ロゴタイプ

とくに重要なのはロゴタイプのほうで、普段は共通のものとして使われ、それぞれに個性などない文字をそのままシンボルにするわけですからさまざまな工夫が凝らされることになります。たとえば、本や新聞の活字は基本的に黒一色ですがロゴタイプの場合は企業のイメージカラーや製品を連想させる色をチョイスし印象に残るロゴを形作ります。

ロゴデザインの配色

心理学の応用がなされる分野でもあり、たとえば飲食店であれば食欲を増すとされる暖色系の赤・黄・オレンジが多用されているのを町で見ることが出来るでしょう。使われる色も一色二色ではなく複雑な模様に分かれていたり、グラデーションがかかったりと人の目を引くために色々な趣向がこらされています。またフォント、つまり字体も読みやすさ重視ではなくインパクトや商品イメージに沿うものが採用されるため、各社とも消費者に訴求するためにオリジナルのフォントを用意しています。

ロゴマーク(シンボルマーク)

シンボルマークも同様で、こちらは文字という縛りがないだけに色や形、デザインなどこれまた印象に残るロゴの一部を作るため工夫がなされています。基本的に「文字を読む」という行為はエネルギーを必要とするため、仕事や好きなこと(趣味)以外に積極的に書いてある文字を読もうとする人は多くありません。そんな消費者にもマークと合わせて「あ、○○のロゴだ、○○のお店(商品)なんだ」と瞬時に認識してもらうにはデザインの簡潔さが重要なポイントとなります。

消費者にアピールしたい・伝えたい・他と差別化したい気持ちと、わかりやすく簡潔なロゴマークというのは矛盾する命題であり、ここにロゴマーク作成の難しさがあると言って良いでしょう。

チラシやポスターデザインの料金相場って?

宣伝に使われるチラシやポスターデザインは、お金を支払って業者に依頼します。その時にどのくらい料金がかかるのか気になりますが、費用は一概には言えない所があります。チラシなどを頼んだ時の費用は、デザイナーへの労力によるので変わりやすいです。例えば特別な写真がいる場合は、撮影をするために時間や費用がかかります。のかは決まっていません。

グラフィックデザイナーに依頼できること

製造した製品や手がけたサービス、イベントといった物事をより多くの方々に知って頂くには外に向かって訴えかけなければなりません。しかし、世の中には数多くのチラシやポスターデザインが溢れていて、素人が一朝一夕で身につけた知識や技術などでは、どれほど行われる事やアイテムが魅力的で画期的であったとしても、世間に対して広めたり知って頂くのは困難です。

広告デザインに関わる様々な職種

広告デザインで活躍できる職種は多いですが、広告業界ではセンス溢れる人材が求められています。時代のニーズにあった仕事をする必要がありますし、それをあえて壊したりするセンスも必要になります。広告デザインで重要になる職種としては、デザイナーや、フォトグラファー、コピーライターなどがあります。

良いグラフィックデザイナーになるには

グラフィックデザインのお仕事は、定量化・数値化できるものではないためなかなか自分の特性が見えづらいところがあります。しかし、趣味ならばともかくグラフィックデザイナーとして「食べていく」ためにはデザイナーとして成長する必要があり、さまざまにあるその方法にはいくつかの共通項があります。

ブランドロゴマーク作成料金

企業ロゴ・各種ブランドロゴデザイン

外注・広告デザイン制作料金

広告制作・グラフィックデザイン作成

チラシ・ポスターデザイン、制作料金

チラシ制作・ポスター作成の料金相場